ボニック お腹

ボニックでお腹すっきり、私のやり方

時々ジョギングしたり、食事に気をつけたりしているので体重もいい感じで、友人からはよく「スリムでいいね」と言われていました。でも実は密かにぽっこりお腹で、それがいつも私の悩みでした。自己流でマッサージなどしてみたのですが中々続かなく、どうしよう・・・と思っていたときに「ボニック」と出会いました。自宅で簡単にお手入れできるというので、それなら、自宅を高級サロンみたいしてお手入れみようと思いました。

 

わたしのお手入れのやり方は、まず、アロマを焚いて、キャンドルをつけ、リラックスできる音楽を流します。個人的には、軽いボサノバなんかが好みです。まずたっぷり「ボニックジェル」をお腹につけます。量はボルフボール2個分くらい。このジェルの香りは癒されます。まず超音波で、おへそのまわりを、円にゆっくりまわして当てていきます。つぎにEMSを私の場合、気になる下腹を重点的にあてます。お手入れ後に肌に余ったジェルをのばすと、お肌もツルツルでとても気持ちがいいです。あまりの気持ちのよさに、お手入れの後、気づかずに寝てしまったこともあるほどです。私はこの「ボニックジェル」がとってもお気に入りなので、夜寝る前にいつも全身につけています。

 

「ボディーケアマシン「ボニック」は小さな巨人!」

 

「ボニック」のすごいことは、コンパクトでありながら、驚きのハイパワーをもっていることです。だから短い時間でお手入れができてしまうのです。同じようにボディーケアーができるマシンとしてよく知られている「ベルトタイプ」の機器と比べ、「ボニック」はとても小さいので、「本当にこれで大丈夫?」と不安になってしまう人もいるかもしれません。しかし「ボニック」のパワーは本物です。超音波振動は1秒間に何と100万回、EMSは1分間に1800回という、ハイスペックなので安心です。EMSとは、低周波シグナルを流して筋肉を鍛える技術です。

 

1960年代に開発され、現在では幅広く活用されています。低周波シグナルを与えると筋肉は瞬間的に収縮し、シグナルが止まると弛緩します。この収縮・弛緩の繰り返しで、筋肉を鍛えることが出来るのです。「ボニック」はこのEMSの技術を採用しています。超音波は、振動作用、ポカポカ作用、洗浄作用の3つの働きによって、ボディーばかりではなく、お肌のお手入れにも効果的です。特に入浴後の使用で更なる効果が期待できます。サイズ約90×115ミリメートル、重さ約320グラムという「ボニック」のパワーの秘密が少しは伝わったでしょうか?実際使ってみると、更にそのハイパワーに驚きますよ。